山羊座の歴史

山羊座の歴史と神話に関する情報 NS

NS歴史山羊座の

の兆候 山羊座 山羊座と同じものではありません。それらは一致せず、山羊座の星座のすべての星は現在みずがめ座のサインにあります。山羊座のサインは黄道帯の10番目の30度を取り、冬の初日から始まります。これは基本的なサインであり、シーズンの始まりとそれに伴う変化を示しています。山羊座は青銅器時代初期の冬至を示しました。冬が始まったとき、紀元前130年まで太陽がそこにあったからです。



3月6日は何の兆候ですか

この星座の名前は、角のある山羊または山羊の角を意味するラテン語で、海山羊、半分山羊、半分魚である神話上の生き物として描かれ、星座の中で最も明るい星がその尾に注目を集めています。尻尾自体は、過去、私たちの借金、そして私たちが過去から引きずっているものを象徴的に表しています。星座は黄道帯の中で最も小さく、うお座やエリダヌス座などの水に関連する多くの星座からなる海と呼ばれる空の領域に設定されています。



山羊座は2世紀の天文学者プトロミーによってリストされましたが、このリストの前は、そのかすかなにもかかわらず、男性に最も古い星座の1つでした。青銅器時代中期以降、山羊と魚の交配種として表現され、紀元前21世紀頃に最初に証明された描写があります。バビロニア星表では、紀元前1000年以前にヤギの魚として記録されていました。

惑星海王星が1846年9月23日に、山羊座の尾で最も明るい星である山羊座デルタ星の近くの山羊座デルタ星座で発見されたのは興味深いことです。生き物の象徴と山羊座と山羊座に関するすべての物語。


NS神話山羊座の

山羊座の神話は、野生の神であるパン、羊飼いと群れ、山の野生の自然、素朴な音楽に関連しています。彼は山羊の足と彼が演奏した楽器、パンパイプを持っていて、彼女の廷臣を恐れた女性の特別なラブストーリーを語り、彼の褒め言葉から逃げました。パンの物語の1つは、巨大な巨人であるテュポーンによって中断された神々の集まりについて語っています。恐怖から、すべての神々が形を変え、パンはナイル川に飛び込み、足を魚の尻尾に、胴体を山羊に変えて、モンスターを混乱させ、彼の外見で怖がらせました。



山羊座の背後に隠された重要な物語は、ゼウスがタイタンを倒すという彼の使命で、パニコスと呼ばれる恐ろしい角を発明したヤギに助けられたというものです。ホーンは海で発見されました。これはヤギに与えられたフィッシュテールを説明していますが、ホーンはすべてのタイタンを散らかしてパニックにさせる音を立てた貝殻だったに違いありません。タイタンがついにオリンピック選手に敗れ、冥界に送られたとき、毎日夜が明けると、タイタンが地平線上に上がるのではないかという恐怖感がありました。

水瓶座とガンは互換性があります

山羊座の神話と山羊座の星座の関係

パニックという言葉は、パン神の名前、または実際にはパニコス、タイタンを散乱させた音の楽器に由来しています。山羊座のサインとそれに対応する星座に関連する神話の各バージョンは、主に恐怖に関するものです。これは、人々を形を変えさせ、そうでないふりをさせる恐れです。これは、人の周りのすべての人をつかみ、彼らに苦痛を与えることを強いる恐れです。

男性の褒め言葉から逃げる女性だけでなく、一人で暗い場所で驚かされる奇妙な外見の男性を恐れる女性も見ることができます。テュポーンを怖がらせるためにパンが自分自身をモンスターに変えるとき、私たちはさらに多くの恐怖を生み出す恐怖の力を認識することができます。また、下半身にはさまざまな問題が見られます。これらの物語の恐怖は衰えることはなく、敵が戻ってくることを期待して、戦いが終わってもそこにあります。